Información enviada por masayukifukasawa

Revival of the Ryukyu Diplomacy through Uchinanchu Abroad! Alternatives to the Issue of Relocation of the US Military Base to Henoko—Part 2

Masayuki Fukasawa

Thousands of People from Brazil and Hawaii Gather for This Huge Event

Revival of the Ryukyu Diplomacy through Uchinanchu Abroad! Alternatives to the Issue of Relocation of the US Military Base to Henoko—Part 1

Masayuki Fukasawa


Acrobats who Performed in South America in the Early Meiji Period: Who Was the First Japanese to Reside in Brazil?—Part 2

Masayuki Fukasawa

Read Part 1 >>

Acrobats who Performed in South America in the Early Meiji Period: Who Was the First Japanese to Reside in Brazil?—Part 1

Masayuki Fukasawa

The first Japanese to step foot in Brazil were the four castaways on Wakamiya-maru who arrived at Santa Catalina Island in 1803 by Russian warship. But they simply passed by.

ブラジルのニッケイ新聞12月廃刊・40年間邦字紙支えたラウル社長 - その2

Masayuki Fukasawa

その1を読む >>

ブラジルのニッケイ新聞12月廃刊・40年間邦字紙支えたラウル社長 - その1

Masayuki Fukasawa

「ニッケイ新聞」の2021年11月18日号2面において、高木ラウル社長が「12月18日号をもって廃刊する」と公表した。残念なことだが、あと1カ月で本紙(ニッケイ新聞)は幕を閉じる。

ハワイ日本移民史とブラジルの繋がり - その2

Masayuki Fukasawa

その1を読む >>

ハワイ日本移民史とブラジルの繋がり - その1

Masayuki Fukasawa


自分史に見るブラジル戦後移民と戦争の深い関係

Masayuki Fukasawa

現在世界最大200万人の日系社会を誇るブラジルも、最初は日本人移民25万人から始まった。戦後移民はそのうちの約5万人を占める。

16世紀に南米へ来た日本人奴隷とユダヤ教徒 - その2

Masayuki Fukasawa

その1を読む >>

Login or Register to join our Nima-kai

Información

1965年11月、静岡県沼津市生まれ。92年にブラジル初渡航し、邦字紙パウリスタ新聞で研修記者。95年にいったん帰国し、群馬県大泉町でブラジル人と共に工場労働をした体験をまとめたものが99年の潮ノンフィクション賞を受賞、『パラレル・ワールド』(潮出版)として出版。99年から再渡伯。01年からニッケイ新聞に勤務、04年から編集長。著書は『一粒の米もし死なずば』(無明舎、2014年)、『勝ち組異聞』(無明舎、2017年)など。

Reciba novedades

Regístrese para recibir actualizaciones por email

Journal feed
Events feed
Comments feed

Colaborar con el proyecto

Descubra a los Nikkei

Discover Nikkei es un espacio para conectarse con otros y compartir experiencias nikkei. Para que siga creciendo este proyecto necesitamos tu ayuda!

Manera de colaborar >>

Proyecto Japanese American National Museum


Principal patrocinador The Nippon Foundation